インドアな税理士のアニメ・ノベルゲーム感想録

税理士というと、お堅いイメージがあるようですが、こんな人もいるというサンプル。東京・赤羽で税理士をしています。

2019年冬アニメ感想

2019年冬アニメ感想。
 

・「どろろ」 

見た中で、一番よかったのは「どろろ」ですね。

dororo-anime.com

手塚治虫さんの原作ですが、私は原作は読んだことありませんでした。戦闘シーン、内容の展開も緊張感があって飽きることがなかったです。タイトルが「どろろ」というネーミングで、ちょっととっつきにくいのですが、これはおすすめです。(2クール放送とのことで2019年春も継続視聴です)
 

・「ケムリクサ」

次点が、たつき監督の「ケムリクサ」。
熱心なファンが多い「けものフレンズ」の監督の作品。緊張感のある内容で、こちらも飽きることはありませんでした。キャラクターもかわいかったですね。
 

<その他見ていたアニメ>

・「荒野のコトブキ飛行隊」

空戦シーンがいいですね。ただ、ストーリーがなんだかよくわからず、話が視聴者置いてきぼりで進んでいる印象でした。ベテラン脚本が担当したアニメと期待していたのですが、惜しい感じです。
 

・「けものフレンズ2」

けものフレンズ」のたつき監督が降板し、別の監督で作られたシリーズ2作目。降板の経緯から悪罵を投げつける人もいますけど、無難なつくりじゃないでしょうか。でもこれが1作目だとしたら熱心なファンがいたかはわかりませんが、プレッシャーのなかでよく作ったともいえるかも。とりあえず、かばんちゃんはお元気そうでよかったです。
 

・「ブギーポップは笑わない

ぼくは自動的なんだよ、でおなじみかどうかはわかりませんが、アラフォー世代のライトノベルファンがいろいろと衝撃をうけた小説が原作。(当時はライトノベルという言葉はなかったですけど)
 
アニメ化は2回目だそうです。内容は意見しづらいですね。。。どうでもいいですが、途中に複数回放送の特番をはさんだのに気づかず、放送番号が飛んでいて驚きました。世界線が変わったのかと思いました。 特番はAmazonPrimeビデオで補完できましたけど。
 
 

<2019年春アニメ>

4月からの2019年春アニメは、「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」に期待。2クール放送らしいですね。

yuno-anime.com

オリジナルはPC-9801アドベンチャーゲームで、名作中の名作といわれた金字塔。いまだにこれを超えるアドベンチャーゲームは存在しないという声も。
 
PC-9801(H描写ありで18歳以上限定)、セガサターン(H描写カットで一般向け)でかなり売れたゲームであり、思い入れがあるのはアラフォー世代以上のおっさんばかりかも。原作者の菅野ひろゆきさんも、亡くなられて久しいです。
 
とはいえ、まさかゲーム発売から20年経って、リメイク・アニメ化されるとは……という驚きもあります。名作が次世代に継承されたのはよかったですね。
 
リメイク版のゲームはやっていませんが、イラストを見る限りだとポップな感じで旧作の神秘的な雰囲気はどうも失われた感じがあります……などというと「回顧厨」扱いされそうです。ちなみに私はセーレス推しでした。